fc2ブログ
プロフィール

緑軌跡

Author:緑軌跡
1966年7月29日生まれ
大阪府阪南市出身
専門分野:
 太陽物理学
 天文教育
 科学コミュニケーション
太陽大好き、緑色大好き
サイボーグ009の大ファン
自称:
 ブックストアジャンキー
座右の銘:
 「知に飢える」
 「今日も元気に光合成」
 「全力全開全身全霊」


絶賛絶版宙!


なぜかわたし登場。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

太陽望遠鏡ワークショップ2024

「太陽望遠鏡ワークショップ2024」を10年ぶりに行うことになった。
発案者は、茨城大の野澤さん。で、わたしに世話人のお誘い。
一瞬躊躇したけど、過去の太陽望遠鏡ワークショップは私が全て世話人をしているので、引き受けることに。

その後、5月12日(日)にすることに。場所は平塚市博物館。

天文教育普及研究会中部支部会

今日明日と浜松科学館っで、天文教育普及研究会中部支部会に出席。
昨年まで、中部支部会所属だったので、参加しに来ました。
まあ、リフレッシュもかねております。

実は、20年前にこの浜松科学館で講演やってました。
タイトルは「太陽デジタル大百科」。当時の講演スライド、まだPCに残ってた。
浜松市天文台の方に頼まれて、講演会場がここでした。
それ以来の訪問です。
三重大や静岡大の学生の発表も面白かった。

非常勤講師の懇談会。

非常勤先の懇談会に出席。対面では4年ぶり。
他の非常勤の先生方と会う機会はなかなかないので、楽しみにしていた。
実は今日は本務で重要案件が入る予定だったが、延期になったので参加することができました。
それぞれの先生の講義の様子を聞くのはとても楽しい。なお、天文関係はわたしだけ。

後半は懇親会。こう見えて地学関係はいろいろいろ明るい。いろいろ小ネタを披露しながら、歓談。
東大の博物館で仕事をされていうという先生が、大学の同級生であることが判明。
しかも、地球物理出身と聞いて、
「地物と言えば、応援団の人いましたよね。いつも学生服姿で…」
「その人、実は応援団じゃないないんです。」
「それ、わたしです。」
「えーーーーーーーーーーーっ」
思わず、相手の顔、まじまじと見てしまいました。
35年目の真実!?

理科教育シンポジウム

今日出席していた、高校理科教育のシンポジウム。いろいろ興味深い話題が豊富で、有益でした。
特に、年周視差、今、実は高校地学はでは扱ってないと知って、びっくり。
大学の講義にいろいろ役立ちそう。

で、会場に、物理の兵頭俊夫先生という方が参加されていたので、休憩時間に思い切って、ご挨拶。
「あのー、わたし、大学2年のときに、先生の物理の学生実験の指導を受けたことがありまして」
いや、本当に接点はこのときだけ。でも、兵頭先生のお名前はその後も放送大学とかいろんなところで聞いてました。

「放送大学で面接授業をしています」とか「この5年は核融合研で広報のしごとをしていました。」とかお話したら、「あれ、ついこないだ、核融合研のセミナーで話をしたよ」

まじか。意外といろんなところでつながってるものです。

シラバス&成績評価

非常勤先のシラバスと成績評価は今日が締切。
昨日のうちにほぼ入力していたけど、一応、最終チェック。
で、提出。今年は履修登録15人で、成績評価したのは8人。
一応、講義で触れたところを出したつもりだったけど、あまり書けてなかったなあ。
来年度は、講義でしっかり触れて、問題数を減らすかあ。

ダブルヘッダー

午前は早稲田大で講義。今日のテーマは「マルチメッセンジャー天文学」。宇宙線、重力波、ニュートリノについて。でも、ほとんど重力波の話題。ニュートリノはカミオカンデの話題だけ。もう少し、準備するんだった。今年の講義も、試験を合わせて、あと2回。

午後は、科学ライブショー「ユニバース」。弟と甥が来てくれました。2回とも50人以上の参加者で盛況でした。今日は、いつものメニューに、XRISMのファーストライトと、1/20に予定されているSLIM月着陸の話題を紹介。また、今日は「ユニバース」のアシスタント希望者が4人見学に来ました。

テレワーク

まだ、風邪が残ってるので、今日は養生して、1日テレワーク。
特に、Teams 会議もなく、デスクワーク。
と思ったら、チャットで指令が来た。

講義準備

1/5のXRISMの記者発表動画をようやく見る。
午後は、今週末の早稲田講義の準備。
いつもは、前日の金曜の夜にどたばたやっていたが、今回は珍しく早めに済ませる。

ほんの1冊

「天文年鑑2024」(誠文堂新光社)

わたしとしたことが、まだ買っていなかった。
税込み1500円。
初めて買ったのは中学1年のとき。550円だった気がする。

講演@天教九州沖縄支部会

午後は天文教育普及研究会の九州沖縄支部会で招待講演。なお、オンラインです。
「最近(35年)の太陽活動について」という大ざっぱなタイトルでの講演。
・昨日の太陽
・最近の太陽活動
・(例の)自己紹介スライド
・ひのでといっしょ
・平成太陽十大事件
これで、1時間、語りました。後半は例のごとく駆け足状態。
「平成太陽十大事件」は、以前、五反田のプラネタリウムで行った講演内容。準備してていろいろ面白かったので、この機会にその一部を紹介しました。
東京の私立高校の地学部員31名も聞いていたと知って、うれしい限り、

太陽活動と黒点とフレアの関係で質問が出たので、答えていたら、参加者の中にN崎大のKさんがいたことをあとから知る。やばい、Kさん、MHDの専門家。わたし、変なことしゃべってないかなあ。

仕事始め

わたしは、今日からが仕事始め。
でも、人少ない。
居室で、宇宙科学シンポジウムを視聴。ところは、事前に知らされたリンク先をクリックすると、あれ?表示されない。もう数分でシンポジウム始まるのに。実は、昨年のリンク先をクリックしてました。なんとか間に合いました。宇宙科学シンポジウムといえば、2階の会議場にいすをこれでもかと詰め込んで行うのが定番でしたが、最近はオンラインで聞く人が増えたのか、机も含めた通常のレイアウト。XRISMのファーストライトや、GDIの状況などを知ることができました。

帰宅後は、明日の天教九州沖縄支部会の講演の準備。
なんとか昨年までのフレアの数の集計を完了。
いろいろ小ネタを仕込みました。

Pedro is coming

ライデン大学の友人のPedro Ruusoからメール。
来週、日本に来るらしい。丁寧に滞在スケジュールまで送ってくれた。
そういえば、異動したこと伝えてなかった気がする。
とりあえず、金曜の午後以外はフリーなことを伝える。

新年の抱負

あけましておめでとうございます。
各方面の皆さまには、本年もよろしくお願いします。
旧年は、8月から新しい職に就くことができ、なんとか露頭に迷わずにすみました。通算7つ目の勤務先となりました。とりあえず、天文宇宙畑で仕事をすることができて、ほっとしています。

今年の抱負としては、まずは、本務である広報活動を自分のこれまでの能力・知識・経験を活かして、しっかり果たすこと。打上は2年先になりましたが、できることは一つ一つしていきたい。
6月にはフランスのトゥルーズで、CAP2024。できれば行きたい。発表ネタをどうするか思案中。

他には、科学ライブショーユニバース、早稲田大学、放送大学の講義、その他講演活動(そろそろ抑えたいけど、いろいろ降ってくる)。天文学会の天文教育委員、日本天文遺産委員、国内研修支援委員、天文教育普及研究会の代議員など、務めを果たしていきたい。


裏の仕事

あれ? 大学の講義はともかく、気がついたら、1月の土曜は、3週連続で講演ものが入ってる。何やってんだ、わたし。だああ、週末が休めない〜。特に、1/6 天教九州沖縄支部会のお題は「最近の太陽活動」だけど、今年に入っての太陽活動、あまりフォローできてない。帰省中にいろいろ準備せねば。

1/6 天教九州沖縄支部会で講演
1/13 午前:講義 午後:科学ライブショー「ユニバース」(案内役)
1/20 午前:講義  午後:アストロノミーパブ(司会)
1/27 午前:講義(今シーズン、ラスト)

実は4月にも名古屋1件入っていて。今の本務先に来てから、なぜか講演依頼が多い。さらに、本務関係でも私を通じて講演依頼がよく来る。すでに4件来て、これはチーム内に展開して、立候補を募ってる。

天文教育委員会

15時30分から、天文学会の天文教育研究会の打合せ。いつも平日の微妙な時間に開催されるので、ああまり参加できないでいたが、今日は年休にしていたので、参加できた。
議題は、講師・監修者紹介プログラムに関して。あと、天文学会の春季年会の教員向け講演会について。
昨年はそうでもなかったが、今年は天文教育委員会と日本天文遺産委員会は割りと慌ただしい。

仕事納め

明日は年休にしたので、今日が仕事納め。ところが、3階4階の執務室にわたし以外誰も来ていない。早くも年末年始の休みかテレワークか。でも、わたしの方は、とある取材調整で、ひたすらメールとチャットのやりとり。あと、2分の1サイズ模型の展示関係の調整とか。あと、海外とのやりとりで、情報共有など。あ、結局メーカーさんから連絡こなかっ。この件は年明けかなあ。

8月に赴任して、いろいろやったけど、早くも5ヶ月経過。一口に広報と言っても業務内容が多岐にわらっていて、ほんと慌ただしかった。特に大変だったのは、いきなり、特別公開の担当をやったりとか、チームジャケットの注文の手配。実はある仕事もまだできていない。来年すぐに取り掛からないと。

でも、露頭に迷わずに年を越せるのは感謝。

ダブルヘッダー

午前、早稲田大学教育学部で非常勤の講義。今日のお題は「銀河・銀河団」まあ、半分はM31に関する話題。今年は、これで最後。年明けに残り3回(試験含)。


午後は科学ライブショー「ユニバース」。今日のゲストは、JAXA筑波の竹尾さんで、「コンピュータシミュレーションで見る火星衛星探査計画MMXの世界」という題で、お話いただきました。

宇宙戦略本部会議

で、宇宙基本計画工程表改訂が正式に公開されて大わらわ。
14時くらいに、SNSで公開できるようにしておいてと指示が出て、いろいろ調整。
定例の会議そっちのけで、関係者とチャットのやりとりしながら準備してました。
さらに、海外からコメント出るかもしれないからと、週末は合間を見て、SNSをチェックする羽目に。
これも仕事だ。

SESCゼミ

20時からオンラインでSESCゼミ。
天文教育普及研究会の科学教育・科学コミュニケーションゼミ。元々は若手向けだったらしいけど、いつのまにか参加者はシニアばかり。わたしも当初は参加してなかったが、いつのまにか巻き込まれた。

今日の話題提供者は、ABCの日下部さんと、私。日下部さんからは、ふたご座流星群観測のフェリーツアー。私からは放送大学の面接授業の紹介。わたしが2015年以来関わっている放送大学の面接授業と、わたしが担当している「みんなの天文学入門」の概要について紹介。

CAP2024

来年6月に、フランスのトゥルーズで開催されるCAP2024のページが公開された。
スケジュールとメイントピックは以下の通り。本務にからめて行きたいところだが。
あと、発表内容、どう組み立てようかなあ。

Important days
15 February: Abstract submission deadline; grant application deadline.
31 March: Abstract and grant applicants notified of results.
16 June: Final registration deadline.
24-28 June: CAP Conference 2024

Main topic
1. One Hundred Years of the Planetarium 
2. The Science of Astronomy Communication 
3. Interdisciplinary Astronomy Communication 
4. Innovations in Astronomy Outreach – Virtual & other modes 
5. Communicating Astronomy across languages 
6. Networking and Collaboration in Astronomy Outreach 
7. Diversity, Equity, and Inclusion in Astronomy Communication
星が見える名言集100
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
RSSフィード